パイロットって男性の職業?女性パイロットってどれくらいいるの?

女性 パイロット 希少 コックピット 綺麗 航空関連

パイロットって男性の職業?女性のパイロットっているの?

こんな記事を書くと男女差別と思われるかもしれませんが、女性にとっては気になることだと思います!

今回は女性パイロットという数少ない情報を皆さんに紹介していきます!

構成は女性パイロットの割合、職業における女性の強みからキャリア、恋愛までです!

※そして質問などあればコメント欄に書いて下さいね!

女性パイロットの割合

日本の人口に占めるエアラインパイロットの人数はおよそ6000人です。

その中で女性の割合全体の4%前後です。つまり300人いかないくらいの人数がいるのです。

航大生をはじめ、自社養成や私大でも女性は少なからず毎年入社・入学しています。

最近の航大では1回期につき1人くらい入学しています。ただし1回期に2人以上というのは今まで聞いたことがありません。

なので入学後は女子1人で男子に対する免疫を付けて行かなければなりません。

とは言ってもパイロットになってからも同じような環境が続いていきますので、お互いに如何にうまくやっていくかは航空会社に入ってからも求められますね。

因みに航大女子もずっと女子校育ちだった人もいるので、気合いがあれば何とかなると思います。

さらに同期はどんな時も手を差し伸べてくれます。

あまり不安になる必要はありません!!

パイロットの試験を踏まえると男女差による有利不利があるとすれば身長、握力くらいでしょうか?

身長

身長は選択する道のりにも寄りますが、160cm前後は欲しいところです。

航大では身長156cm未満だと受験資格がありません。

これは訓練中、ラダーを自由に動かすのに必要な身長が考慮されてのことです。エアラインに行っても同じことが言えます。

しかし女性の平均身長が157cmなので無理な基準ではありません。

握力

握力は身体検査で測ることはありませんが、30㎏は欲しいところです。

これは訓練中、操縦桿が重い瞬間があるからです。

しかし、トリム(操舵を楽にする機能)で操舵を軽くするので基本的には力は必要ありません。

とわかるように、入社・入学にあたってそれほどの優劣は存在しません。

どんどん挑戦していきましょう!!

ではここで女性パイロット特集を見ていきましょう。

女性パイロット特集

パイロットの能力「男女差ない」特集 日本初のJAL女性パイロットの歩む道(前編)

空自F-15Jに初の女性パイロット誕生の背景 女性と戦闘機の歴史、大戦期はエースも

女性で戦闘機パイロット、さらにイーグルドライバーはかっこよすぎですね!

ANA’s First Woman Jetliner Pilot Kaoru Part1

なぜ男性が多いのか?

理由はわかりません。

理系に男子が多いのと変わらないでしょうか?

航空業界だと女性はCA、男性はパイロットか整備士という固定観念があることも起因してるのではないかと思います。

女性の強み

では女性の強みは何でしょうか?

・バランス感覚

だと思っています。

※あくまでツグツグボウシの意見です。

バランス感覚

バランス感覚はその名の通り、全体的なバランスです。女性はこの感覚が優れていることが多いように感じます。

それは何故かと言うと大昔の環境が要因になっていると考えます。

大昔、女性は家を守り、家事や育児など全体にバランスをとりながら生活していたからです。

一方で男性は狩りをしていたという歴史があるので、一点集中になりがちなところがあります。

パイロットは常にマルチタスクです。

なので常に優先順位をつけて、タスクをこなしていかなければならず、バランス感覚(なんでも卒なくこなす)は必要となるわけです。

以上の理由から女性には強みがあると思います。

女性パイロットのキャリア

女性パイロットも男性とキャリアはほとんど同じです。

異なるのは、特に出産から育児までに関してでしょう。

会社に依りますが、昨今育児休暇は取りやすくなってきており、パイロットも例外ではありません。

中には育児をしながら機長になり、引き続き飛ばれている方もいらっしゃいます

出産から子供が大きくなるまで、休職することになりますが、旦那さんや家族の協力あれば続けていける職業です。

休職中も当然給料は出ます

パイロットには給料保証が存在するからです。

それについては後日お話しします。

パイロット同士の結婚

パイロット同士の結婚も何件か聞いたことがあります。

育児のため、夫婦揃って休職している方もいらっしゃいます。

そして休職後はまたパイロットの仕事を全うするわけです。

夫婦同士パイロットは毎日すれ違いの日々にもなりますが、会えた時にはその時間を大切にしたい。そう思えるような生活が待っています。

まとめ

女性にとってもパイロットはお勧めの職業です!

女性ならではの強みも生かして、世界の空に飛び立ちましょう!!

知られざる!航大生の日常!前半!

コメント

タイトルとURLをコピーしました