今年度の航大受験について思うこと!コロナに負けるな!!

航大受験

今年の受験生は本当に大変そうですね💦先行きが不安な時も良い結果を信じて頑張ってほしいです!

航空大学校受験

募集要項の変更

本来であれば本日5/11~出願書の提出日だったにも関わらずコロナウイルスの影響で5/1付けでこんなものが発表されています。

令和3年度航空大学校入学試験日程の延期について

こんな状況下でも必死に勉強されている方には頭が上がりません。

周りの現状

現在学生訓練も一時的に停止になっています。

学生訓練停止

またANAのグループはじめ航空会社も就職活動を一時的に停止しており、今後どうなっていくのかわからない状況にあります。一方で運航乗務員の採用は停止になっていません。

これはパイロットは育てるのに時間がかかることから長期的な航空需要を見越しているので、今後も採用が完全に停止することはないと考えています。

実際に現在、航大生の就職活動は例年通り行われ、採用人数も激減しているわけではありません。(選考の途中で訓練が停止しているため、一時的には止まっています。)

私の予想

この状況を考慮すると今年度の受験も必ず行われると予想しています。

ただし、定員は減る可能性があります

定員が減らさせる理由

現航大生の訓練が天候や機材トラブルにより遅れています。そのため在学生は各フェイズの間で半年に近い期間の待期を余儀なくされており、国交省はこれを問題視しているからです。加えてコロナウイルスで学生訓練が一時停止になっていることから、予定通りの定員数を四期に分けて入学させるとこの問題が加速する可能性があります。

実際に行われた例

東日本大震災で仙台の機体が半分近く流された時も学生訓練が一時停止になり、その遅れを取り戻すために定員が72名→36名に減らされました。

原因は異なるものの、このままコロナウイルスの影響が続けば、この可能性はあると思います。

そんな時だからこそ

本当に今年の受験生は辛いと思います。だから知っておいてほしいことがあります。

知っておいてほしいこと①

東日本大震災の影響で定員が減らされたということはお話ししました。ここで注意してほしいのは、倍率が上がったわけではないことです。

定員数の減少により受験を避けた人が多く、結果としては倍率は例年通りの10倍ほどでした。

最後まで自分を信じて努力した人が報われるということです。ここで努力をやめるのは勿体ないです。試験は必ず行われます。

知っておいてほしいこと②

知り合いにJALの自社養成を受かった方がいます。しかし就職と同時に経営破綻に直面し、仕事をやめて他に行くか?または一生パイロットになれないかもしれないが続けるか?選択させられたらしいです。

その方はどうしてもパイロットになりたかったので、仕事をやめお金を貯めて海外でライセンスを取得してから就職活動をされて、現在はオレンジの会社の機長をされています。

どうしてもなりたいという気持ちがあるなら、そこに向かって継続的な努力を続けましょう。

まとめ

今後コロナの影響が続けば、航空大学校の入学定員も減らされる可能性があります。

しかし

倍率は大きく変動しないと考えられるので、あきらめずに努力を続けましょう!!

頑張ってください!応援しています。

一日でも早いコロナの終息を願って。

航空大学校のHP

独立行政法人 航空大学校

航空大学校 一次試験概要

コメント

  1. […] 今年度の航大受験について思うこと!コロナに負けるな!! […]

タイトルとURLをコピーしました